アメリカ(サンフランシスコ、歴史問題)
 
     
サンフランシスコはアジア系の住民が多い町、日本とアジア諸国との間にある歴史問題が際立つ場所です。      
         
     
オフィス街の一角にある、一見すると普通の公園。       ここには慰安婦像が建っています(黄色の矢印を付けておきました)。
         
     
2017年に市民団体が寄贈し、サンフランシスコ市が公式に受け入れたもの。この動きに反発した大阪市は、60年間あったサンフランシスコ市との姉妹都市を解消しています。       韓国、中国、フィリピン出身の3名が手を繋ぎ、それを元慰安婦として初めて名乗り出た韓国人の女性が見守っているという構図。
         
     

 
      「日本軍によって性奴隷にされた数十万人の女性、大多数は囚われの身のまま命を落としました」という解説は、英語、ハングル語、中国語、フィリピン語、そして日本語で出ています。これについての判断は、各自に委ねたいと思います。
         
       
         
       
中華街のメインストリートです。        
         
     
こちらが、ネット上では「反日ミュージアム」として取り沙汰されている施設、正式名称は「海外抗日戦争記念館」です。        
         
     
展示物は頻繁に入れ替わっているようです。この日は、日本軍の戦争捕虜となった欧米の兵士に関する展示をしています。       今回の展示だけ例外だったのかまでは分かりませんが、内容は客観的であり「反日」の要素は入っていないと感じました。
         
       
         
         
2018        
→ 前のページに戻る