シンガポール(カジノ)
 
     
シンガポールには2つのカジノがあります。こちらはリゾート地(セントーサ島)にある方です。      
         
     
入り口は2つに分かれています。奥がシンガポール人、手前が外国人の入り口です。       左の写真の上部をアップで撮影しています。「シンガポール人」(Singaporean)と「海外ゲスト」(overseas guest)を分けています。
         
     
シンガポール人は高額の入場券を買わなくてはなりません(日本円に換算すると1万円弱)。シンガポール政府が考え出した、国民をギャンブルから遠ざけるための政策です。購入には自動販売機が便利です。        シンガポール人は、入場の際に身分証明書を求められます。自動販売機には身分証明書の読み取り機能が付いています。 
         
     
有り難いことに(?)外国人は無料で入場できます。ただし、入り口のゲートでパスポートの読み取りが待ってます。カジノ側は、いつ、どこの誰が入場・退場したのかを記録しているのです。        カジノの入り口に大きなATMコーナー。「いいのかな」という疑問が湧いてくるでしょうか。
         
       
こちらは町中(マリーナベイ地区)にある、もう一つのカジノです。        
         
       
入場券を買うためにシンガポール人が並んでいます。       シンガポール人の入場ゲートです。
         
     
外国人の入場ゲートです。ここでも入場にはパスポートが必要です。       こちらにも銀行のATMが揃っています。


カジノ内部は撮影禁止なので、写真はありません。しかし、ネットで検索すれば内部の写真は沢山でてくるようです。
     
2015        
→ 前のページに戻る