空港(日本)
 
     
今度は日本の空港を見てみましょう。羽田空港の国際線ターミナル、飲食店街の建築は日本風です。       ただし他の場所は単なるコンクリートの箱。個性がなくて残念です。
         
     
もちろん液晶テレビは日本製!       と思ったら、韓国ブランドも沢山あります。東京の空の玄関に韓国ブランドの液晶テレビというのは、日本企業の世界的な苦戦を象徴しているような気がします。
         
     
まあ、それはよいとして、日本の空港が世界に誇れるのは、設備が充実したトイレです。       手前は、着替え用の台です。普段は壁に付いていて、倒して使います。
         
     
こちらは成田空港です。世界中を見渡してみても、シャワートイレがあるのは日本の空港だけです。        こちらにも着替え用の台が付いてます。フライトの前後に、ちょっとした着替えをしたくなった経験がある人は多いと察します。ここまで気の利いた設備があるのは、日本の空港だけでしょう。
         
       
やや離れた場所にですが、補助犬トイレもあります。        
         
         
シャワールームの存在は有り難いです。料金は30分1000円。羽田の国際ターミナルにもありました。        
         
       
イスラム教徒のために礼拝室を用意するのは、もはや国際社会の常識かもしれません。        
         
       
「ガチャガチャ」「ガチャポン」など様々な呼び名があるようですが、例の、あれです。日本を訪問した外国人に、余っているコインを使ってもらうのが狙いだと聞いています。        
         
2013-2017        
→ 前のページに戻る